記事一覧

多肉色々

こんばんは、今日は午前中に買い出しや銀行に出かけ、午後は昼寝に勤しんでしまった(笑)ハニママです。
ちょっと風邪っぴきさんだったので、ゆっくり休むのも大事なことです。

今夜は、我が家で夏越しした多肉色々をお送りします。

八千代

昨年の秋から育てていた八千代と、春に買い足した八千代が枝を伸ばしながら夏越ししたので、集めて植えてみました。

夏場に放置していたので、葉の数は少ないですね。
まぁ、枯れなかっただけ良しです💦

似た仲間の虹の玉やオーロラと異なり、八千代だけは枝を伸ばした造形美を楽しみたい多肉です。

植え付けた陶器鉢は、底に穴が開いた、歴とした植木鉢です。
ホムセンで投げ売りされていたので、とりあえずゲットしておきました。
小汚い感じがしますが、アンティーク加工がしてあるだけで、未使用の新品です。

鉢に深さがあるので、底に少し軽石を入れています。
鉢の高さを利用して、ネックレス系などの垂れるものがいいのかな?とも考えていましたが、八千代をいれたらハードさが際立って、なかなかのお気に入りになりました。


ゴールデングロー

大きめの鉢に植え替えてから、更に元気になってきたゴールデングロー。
葉先が少し赤くなってきました。

大きくなると見応えのあるエケベリアですが、冬の寒さには弱いようです。

私がゴールデングローを育てたい!と思ったのは、いつも遊びに行く花屋さんで戸外の植え込みに地植えにされ、群生して立派なサイズに育った美しいゴールデングローを見たからです。
花屋さんに行くたびに、今日も綺麗だな、と、観察するのが楽しみだったのですが…。
冬のある日、雪を被った途端に株が傷んで、あっという間に消えてしまいました。

この子もそうならないよう、雪には絶対当てないようにします。

ところで、葉に赤い点々があるの、これ、きっとハダニの跡ですよね💀
来年は多肉全体にダニ対策を講じますので、こんな跡は絶対に残させないぞっ!


メビナ

小型で丈夫で可愛い。
寄せ植えに単品でと、庭のあちこちに点在して活躍しているメビナたち。
この子は単品管理で、遮光なしの雨ざらし棚に置いていた株です。

遮光&水なし棚で管理していた株より、断然大きく綺麗に育っているので、メビナに遮光は不要であることがよくわかりました。

お水は、少なめで良い気がします。
写真のメビナは、雨ざらし棚とはいっても、最上段ではありません。
雨水は上段からの残りがかかるだけで、常にビチャビチャに鉢土が湿っていたわけではありません。
また、鉢は素焼きで乾きやすいもの、土も荒い水はけの良いものを使用していました。
加湿にならない要因があることが、雨ざらしにする大前提のようです。

その証拠に、水はけのよくない土に植わっていたメビナ(買ったままの鉢と土で植え替えなかった)は、雨ざらしにしたら、あっという間に根腐れ直前になりました。
しかし、お水を辛めにして陽に当てたら、復活してきました。
あのまま枯れちゃうかと心配したのですが…、強いエケベリアで良かった😌

写真のメビナはこれから植え替えです。
もっと仔を出してもらい群生させたいので、現在の2号から2.5号サイズにサイズアップするか。
加湿を避けるために、現状の2号でいくか、悩むなぁ(°_°)
鉢から出して、根の量をみて考えます。


ラウリンゼ

じつはこのラウリンゼは、私が多肉を始めた頃に、初めて買ったラウリンゼです。
つまり、昨年の春に入手して、2度の夏を越した数少ない多肉のひとつです。

昨年の夏は、ギリギリ死なずに生き残ることができました。
といっても成長点が残っている程度で、折角のラウリンゼだからと、ダメ元で植え直しました。

その後、秋から少しずつ葉を出して、春には小さいながらも可愛い姿になりました。

復活したとはいえ、まだ弱々しい感じもあったので、大事をとって今年の夏は北側の明るい日陰へ避暑に出しました。

北側といっても、朝日が昇ってから午前9時位までは、少し日が当たる不思議な場所です。

更に、そこは雨ざらなのですが、台風など大雨が吹き込まない限りは、適度に湿る程度の場所なので、多肉が加湿で枯れることも少ない場所です。

南側で遮光&断水して夏越しするよりも、調子を崩さなかった品種もありました。
多肉の性質によるところでしょうね。
ちなみに、その環境の方が良かった代表が、相府蓮とツルギダです。
良かれと思い、秋になる前に南側に移動した途端、ツルギダは昇天👼
相府蓮も調子を崩してしまい、現在も本調子に戻りません😢

こちらのラウリンゼ、中心部の葉の根元が少し色が変なのは、うっかり触ってお粉が剥げているだけです。
葉がブヨって傷んでいるわけではありません。

1年かけてガッチリした姿に戻ったので、ここからは通常管理で陽にも当てて、大きくしていきたいです。


本日の最後は、なんじゃコレ?な、白鳳です。

現在市場に流通している白鳳には、2系統あるように感じています。

写真の株は、比較的安価に手に入る白鳳。
夏は葉が青白く少し厚め、日光が足りないと、徒長とまではいかないながらも、葉と葉の間が開きやすく、割と大きく育ちます。
秋になっても、あまり綺麗に紅葉はしないような…。

もうひとつは、先のものよりは少しお値段か高く、夏場の葉が安価タイプより青みが少ない白鳳。
徒長は殆どせず、青白い白鳳より少し弱い感じがします。

青白くない白鳳は、今年初めて入手出来たので、今後紅葉がどうなるのか、観察するのが楽しみです。

ところで、青白い安価な白鳳ですが。
丈夫な品種ではあるのですが、成長点がばらけ易い特徴があるようです。

というのも、我が家には安価白鳳が3つもある(笑)のですが、昨年から育てている初代白鳳は、春に成長点が消失し、その後双頭になりました。

双頭になった後は徒長してくれなかった(笑)ので、単頭にカットすることも出来ず、現在も双頭のまま元気に過ごしています。

写真の白鳳は2代目。
これも双頭になるのかと思っていましたが、初代とも違う変化を見せています。
まさか綴化か…?

3代目は、今のところ単頭で頑張ってくれています。

双頭は良いんですが…。
珍かろうがなんだろうが、私、綴化はあまり好みでないんですよね😩
2代目がどうなっていくのか、今後も暫くは目が離せません。

それでは今夜はこれにて。
明日のカット丼用に、大きめの駄温浅鉢を用意しましたので、明日はカット苗植え付け祭です!
ありがとうございました(^з^)-☆
スポンサーサイト

コメント

八千代、いいですね~✨あいたろうの八千代は夏に消えてしまいました…( ・∇・)なかなか蒸れるのはニガテなのかな?あの系統で初めて根絶やしになりました。

白鳳、そんな感じなんですね。うちのはどうなのかな?他ブログでオレンジになってる白鳳を見て、これ、すごーい\(^o^)/となってお迎えしたのですが、いまのところとくに変化もなく、、、
これからちゃんと観察しようと思います。

そういえば、お譲り頂いた、ダズルベリーが枯れてしまいました…ごめんなさい~( ノД`)
根付いてきたのでよし、と思っていたらの出来事でした…😢

あいたろうさん、こんばんは。

八千代、私も以前枯らしてます。
あいたろうさんのおっしゃる通り、この系統にしては過湿に弱い気がします。
写真の八千代のうち、一番大きなものはリメ缶に植えていて、カラッカラにして夏を乗り越えました。
残りの2本も、夏に水をやった記憶がない(笑)
今回の植え替えでは、しっかり微塵を抜いて水捌けは抜群なので、水遣りの量に気をつけながら管理
します。

ダズルベリー気にしないでください💦
私もウチの株を観察していますが、ライムジンジャーの方が確実に丈夫だな、と感じています。
何かに地上部を潰されて根のみ残って放置していたポットからも、ライムジンジャーだけは復活してきました。
おそるべし、ライムジンジャー(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハニーちゃんのママ

Author:ハニーちゃんのママ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
581位
アクセスランキングを見る>>

ランキングに参加していま

ご来訪ありがとうございます。