記事一覧

ハニママ庭のラウリンゼたち

こんばんは、ハニママです。

カスカード(名古屋で有名なパン屋さん)のサーターアンダギーが、めっちゃ美味しくて最近虜です。
母も好物なので、つい仕事帰りに買ってしまいます。
そして、夕飯後のデザートに✨
そりゃあ最近痩せないはずだわ(笑)


さて。
ハニママ庭には、ラウリンゼがいっぱいあります(笑)←笑う事でもない。
本日はそんなラウリンゼ特集です。

ラウリンゼ・トライアングル(笑)

こうして見比べると、右側のラウリンゼは葉が丸いタイプであることがわかります。
葉の丸いラウリンゼを探して、手に入れた株なんですよ(*´∇`*)

左上の株は葉先が少し尖って、ロゼットが整って美しいですね。
葉先の赤ポチも愛らしいです。

これらのラウリンゼは、いずれも青白系の色合いです。

下の双頭ラウリンゼは、葉は丸めで、ピンクに紅葉するタイプのようです。
ピンクに紅葉するのは我が家では双頭ラウリンゼのみなので、この株は絶やさないようにしたいな。

双頭だからか、株が大きくならないんですよね。
ここはひとつ、思い切ってカット✂︎かな…。
発根に失敗したら…と考えて、怖くてこれまで切れませんでした。
でも、ピンクに紅葉する姿を見て、この株を大きく育てたくなりました。
じつはこの双頭ラウリンゼが私のファーストラウリンゼなので、特別に愛着のある株でもあります。


こちらのラウリンゼ、葉は尖系ですが、1枚目の写真の株と違って赤ポチがありません。
色も、ブルー系とピンク系の中間?のような…。
なんとも中途半端なタイプです(笑)

容姿は平凡(笑)ですが、この株は夏に特に強かったです。
他のラウリンゼが多少外葉が傷んで葉が下を向いたり、お粉が落ちても、こちらの株はどこ吹く風✨
下葉もピンと伸ばして、粉ハゲなんて気にしないぜ!とマイペースな存在でした。
強健さも、ハニママにとっては魅力のひとつです。


我が家で一番大きなラウリンゼ。
黒ポリポットで1年放置したため夏場に傷んだ後、根性で復活したツワモノです✨

色は、この株が一番青白いですね。

葉は尖系。
株の形状が、他のラウリンゼとは異なります。
若干薄めで長めの葉が、中心を包むような姿になります。
1枚目の写真の尖系ラウリンゼより、葉が薄くて長いんですが、あの株も大きくなったらこうなるのかな?
丸葉系は葉の長さが短くで、ポチョッと厚めなので、こうはならない気がします。


写真のほか、まだ植え替えの住んでいないラウリンゼが、3つか4つあったと思います。
もういっそ、それらはラウリンゼ丼にしてみようかな(笑)


丈夫で可愛いラウリンゼ。
今後も、素敵な株を見かけたら、きっとまたお持ち帰りしたゃうんだろうな(笑)
ラウリンゼ中毒のハニママなのでした(笑)


それでは、今夜はこれにて。
ありがとうございました😊


押して頂けると励みになります💕
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村"


多肉植物ランキングへ











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハニーちゃんのママ

Author:ハニーちゃんのママ
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
5969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
581位
アクセスランキングを見る>>

ランキングに参加していま

ご来訪ありがとうございます。