記事一覧

ミセバヤ大中小

こんばんは、ハニママです。

いよいよ彼岸の入り。
待ちわびた春到来ですね🌸
そんなわけで、今日は春らしいミセバヤちゃんたちです。

ミセバヤ(小)
赤葉日高ミセバヤです。
普通の日高ミセバヤやカラスミセバヤも同じくらいの大きさなので、これがミセバヤのスタンダードなんでしょうね。
しかし、私が多肉を育て始めてすぐの頃に買った名もなき「ミセバヤ」(中としていこの後出します)よりは小さいので、我が家では小型と分類しています。
早くビニールポットから卒業させねば💦


ミセバヤ(中)
何ミセバヤなのかは、よくわかりません。
多肉を育て始めてすぐの頃(春)に買い求めました。
その年の夏は多くの多肉を枯らし、このミセバヤも枯れ死寸前でした。
1、2芽がかろうじて生き残り、そこから復活した強い子です。

上の赤葉日高ミセバヤとは、大きさも葉の形状も異なります。
大きさは環境要因で変わるかもしれませんが、葉の形状が違うので、この株は日高ミセバヤではないと思われます。
ハニママの見たところでは、越中ミセバヤではないかと思っています。


ミセバヤ(大)
購入した時の名前は、セダム・ブリリアントと、セダム・スターダストでした。

ミセバヤはムラサキベンケイソウ属に分類されたり、セダム属に分類されたりと、その場その場で色々です💦
セダムというと私の中では草タイプのイメージが強いのですが、虹の玉一族もセダムですもんね~。
セダムは懐の深い属ですね(笑)

世間的にもユラユラとした分類なんだから、私の脳内でどこに分類しようが、さしたる問題はないでしょう。
というわけで、セダムと銘打って売られていたこちらの二株は、ハニママ庭ではミセバヤとして扱っています。

上の2つのミセバヤよりも大型で直立型です。
普通のミセバヤよりボリュームのあるお花が咲くので、観賞用に改良された品種なんでしょうね。
ブリリアントはピンクの花、スターダストは白いお花が咲きます。
2種とも葉色はグリーンですが、このタイプのミセバヤで銅葉のものもあるので、今年は銅葉タイプをゲットしたいなぁと思っています。


それでは、今夜はこれにて。
ありがとうございました😊


押して頂けると励みになります💕
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村"


多肉植物ランキングへ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハニママ

Author:ハニママ
愛知県西部で、まったり多肉(時々サボテン)ライフを満喫しています。
周囲に多肉愛好家がおらず、ちょっぴり淋しいので、多肉・サボテン好きの方、ぜひ絡んで頂けると嬉しいです(o^^o)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1021位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
94位
アクセスランキングを見る>>

ランキングに参加していま

ご来訪ありがとうございます。